×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×生後15日 東京マザーズクリニックから国立成育医療研究センターへ

souji.jpg


日時が前後しますが、出産となった日、

東京マザーズクリニックから移った病院についてのお話です。

急遽出産に至った経緯はコチラからドウゾ


さて、3月18日東京マザーズクリニックでは早産に対応できないと言われ、
急遽転院することになったのですが、

「どこの病院に行くことになるんだろう…」

なんてことは、

お腹痛すぎて全く考えられなかった!!

考えていた事といえば、

(無痛分娩は無理なんだ、普通分娩する覚悟をしなければ…

いや、無理!マジ無理!イテッイテテテテ…)


こんなかんじ。

とにかくもう痛くて考える事もままならない状況。

院長先生に、「○○病院で受け入れてもらえました」と言われましたが、
もう病院名なんて頭の中に入らなくて、

一体私どこに連れて行かれて何をされるのだろう状態でした。


私が病院名を正式に知ったのは入院2日目。

机に置かれていたパンフレットを見てようやく病院を知りました。

場所は東京マザーズクリニックからそれほど遠くなく、
世田谷の大蔵にある、国立成育医療研究センター病院というところでした。

とにかくでかーーーーーい病院です。

そしてたくさんの設備が整っているようでした。

さて、
肝心の国立成育医療研究センター出産費用ですが、

\916,370 でした。
※未熟児でNICU利用のため、赤サン入院費等は後日別途支払い

分娩料、入院料(個室にしました)、検査・薬剤投与料など。

合計金額や詳細はまた後日まとめて記事にする予定ですm(__)m


突然の転院だったので、
国立成育医療研究センターの事についてはあまり詳しくはわからないのですが、

これだけは言える。

無痛分娩は完璧であった!と…。

無痛分娩で病院を選ぶなら、

国立成育医療研究センター、全然良いと思います!!

なんといっても設備が充実しているので、
リスクのある出産でも対応していただけるのが
国立成育医療研究センターの最大のメリットだと思います。


ただ、東京マザーズクリニックにずっと通っていた私としては…
やっぱり通っていた病院で出産したかったです(T_T)
というのが正直なキモチ

こればっかりは仕方ないですが…

もし2人目を授かることがあれば…
また東京マザーズクリニックに通いたいなぁと…

けどまた早産になりそうだったら…
また成育病院に転院させてもらいたいです

(早産で出産すると、次も早産になる可能性が高いそうです…


そして余談ですが…

病院名を知った同日、病室でテレビを見ていたら、
森三中の村上さんと、ナイナイの矢部さんの子供が産まれたニュースやってました。
そしてなんと、

村上さん、同じ病院でした←掃除のおばさんが教えてくれた

成育病院で出産してる芸能人けっこういるみたいですよ←掃除のおばさんが色々教えてくれた
スポンサーサイト

×産後6日目 退院しました!

fc2_2014-03-25_01-07-50-347.jpg


本日、無事退院となりました

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

赤サンはもうしばらくNICUで頑張りますmoblog_1be26126.gif

そして、

今日から自宅での搾乳生活が始まります…

3時間おきに搾乳しないと、いけません…
ちょっと多く寝てしまったりして時間がズレると…
胸がパンパンカチコチになって痛い目にあいますmoblog_6ebd0cdf.gif



あまり長く座っていられなくて…moblog_fec340e2.gif
なかなか更新が難しいかもしれないのですが…

入院中に書き溜めていた日記もあるので、
気ままに頑張って更新しますね

×産後・入院6日目 出産までのまとめ③

今に至る経緯の続き③ですmoblog_311e831b.gif

出産までのまとめ①はコチラ
出産までのまとめ②はコチラ

いよいよお産開始…

定期的な陣痛で、たまに痛むものの、
全然我慢できるレベル

母親も、旦那氏も、私も準備万端


まずはいきむ練習から。

そして本番。

とにかくいきむ!!

麻酔が効いているので、なかなかいきむ場所を意識するのが難しい…
力を入れてもどこに今一番力が入っているのかがちょっとわかりづらいんですよね。

とか、

考える余裕のあるくらい

無痛です!( ;∀;) 感動!

何度かいきんだ後、

破水が起こらないのでやってもらい?(切ったのかな???)

そして引き続きいきんでるうちに…


「頭が出ましたよ~!」との声!!!!!!!!!


全身全霊でいきむ!!!!!

何度もいきむ!!!!!!


すると…


「ニャッ!ニャァ!」

という、子猫のような産声が!!!!!!!!!


なんと小さい男の子…


こんなに小さな男の子が、

精一杯の産声を上げて

この世界に産まれてきてくれた!!!!!!!


思わず溢れる涙…


お母さんも、旦那氏も、

みんな涙 moblog_e1ac3600.gif


お母さんと、旦那氏、

頑張ったね、頑張ったねってたくさん言ってくれました。


妊娠中からずっと支え続けてくれた2人。
本当に感謝してる。

お母さんと旦那氏がいなかったら絶対乗り越えられなかった。


そんな中、すぐ横では

新生児科の先生たちが
未熟児として産まれた我が子の対応に追われていました。

この時よく見えず私は気付かなかったのですが、
心拍が一度停止してしまっていたようです。

なんとか持ちこたえ、
体重測定の一瞬だけシャッターチャンスをいただき

\ジャジャーーーーン!!/
moblog_aced2af1.jpg

記念すべき初めての写真
最愛の息子です


その後、我が子はすぐにNICUへ。

その後は会陰切開の縫合。
これがかなり長いことかかり、

その間、旦那氏と我が子誕生の余韻に浸っておりました…。

2014年3月18日 18:39
身長42cm 体重1736g

小さな小さな命がここに誕生しましたmoblog_1be26126.gif


コメント・メッセージを下さった方々、
本当にありがとうございました

すごくすごく嬉しくて、
入院中も色々あったので、とても励みになりましたmoblog_e1ac3600.gif

たかが2ヶ月足らずのブログに、
たくさん足を運んでくださりありがとうございます。

正直、自分の言いたいことだけをだらだら書いているブログに、
こんなにたくさんの方々に見ていただけてもらえるなんて思ってもいなくて、
とても感謝です…!!

これからは育児日記になるのかなぁ?
そもそも東京マザーズクリニックで無痛分娩ブログだったのに、
まさかの転院出産になり…ブログの行く末に困っております笑


ひとまず、簡単にではありますが、

突然の 出産までの経緯はここで一旦終わりますmoblog_95ad2ffd.gif

×産後・入院5日目 出産までのまとめ②

moblog_ffdd6649.jpg

更新が怠ってしまい、すいません

コメント、メッセージもありがとうございます
後日PCから返信させて頂きますm(__)m
 

今に至る経緯の続き?です
 
 
 
転院先の病院に着くと、
またすぐに点滴やら採血やらもう色々…
 
その間も激痛。
 
声が出る痛さ。
 
…を、
通り越して、
 
声が一切出ない激痛。
 

 
東京マザーズクリニックについた時から、
ウテメリンの点滴を入れていて、
転院先でも引き続き点滴を入れていたのですが、
先生から、
 
「これ以上点滴を入れても、もう陣痛を止められそうにないので
点滴はやめて、このまま出産にいきたいと思います」
 
「!?!?!?」
 

朝まではとりあえず病院行って薬もらったりして帰れるだろうくらいに思っていて、
病院についたときはまさかいきなり入院になるなんて!?と思っていて、
 
それが、
 
今日出産…!?
 
しかも普通分娩…なの…か…!?!?!?
 
 

ただもう…
痛くて…
 
あのね…
もう間違いなく、
 
生きていた中でダントツ一位痛い。
 
死にたい。いっその事殺してほしい。
 
これから出産する方すいません…
 
本当に想像を絶する痛さです。
 

午前5時に起きてからどれくらいたったのか?
時間の感覚ゼロ。
 
恐る恐る
 
「無痛分娩になるんでしょうか…」
 
と、聞いたところ、
「わかりませんが、経過次第ですね…」
 
とのこと。
 
とりあえず…
 

この病院、無痛分娩やってるーーーーーー!!!
 
もう微塵の可能性だけでも嬉しかった。
 
経過次第っていうのは、
今、陣痛が始まってしまっているが、
まだ収まる可能性もある。
そこに麻酔を流してしまうと、陣痛が進まないのに麻酔だけは止められないという状況になるので、そのリスクは避けたいってことみたい。
 

なので、もう少し陣痛を進めたいとのことでまたしばらくベッドで激痛に耐える。
 
この陣痛とやら、
ほんとに一定の感覚でくるんですよね、すごい。
 
痛みがくるとき、
「あ、くる」
ってわかるんです。
 
そして地獄の激痛。
 
それがおさまると普通に会話もできて、
冗談も言えるんです。

ほんの2、3分後にはまた激痛がくるんですが…
 
さて、いよいよ
 
マジで無理、出産辞めますなレベルに。
 
先生から、
 
「もう麻酔入れますか?」
 
と…!
 
 

無痛分娩キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 
 
ただ、子宮口の開きがまだ足りなく、
できればもう少し頑張って陣痛を進めてほしい、
今から麻酔を入れることもできるが…
 
ということで…
 
耐えました(´;ω;`)
 

部屋には看護師さんと旦那。
 
激痛が襲ってくると、看護師さんが腰をさすってくれます。
旦那は手を握っていてくれましたが…
 
なんだかもう痛すぎて何もかもがうっとおしく、
旦那に「あっち行って!!!!!!」とか言ってました笑
 
 
痛みが辛すぎて、手もしびれ、涙も止まらず息苦しい。
痛すぎて呼吸が上手にできず過呼吸にもなりました。
 

看護師さんはずーーーーっと
ゆっくり吸ってゆっくり吐いてー
って言い続けていましたが、
 
そんな余裕ないよー!!!
息吸えないくらい痛いんだもん(´;ω;`)
 
 
そしてもう、
 
限界
 
このままだと失神する…
手もしびれて呼吸もできず

痛さに耐え切れなくなり、
 
ようやく麻酔をお願いしました。
 
が…!
 
麻酔をするまでの体制になるのがまた大変
その間もずっと激痛で泣きわめいてました
 
無痛の麻酔は背中から針を刺すんですが、
もうそれも苦痛で苦痛で
 
「痛いー!もうやだーーーー!!」
 

とか叫んでた気がします…
 
時間の感覚が全く無かったですが、
麻酔の針をさしてわりとすぐに痛みが引いてきた気がします。
 
次第に足がポカポカしてきて、
 
普通に会話ができるほど、無痛!!!!!
 
本当に無痛…(´;ω;`)
 
地獄から天国…!!
 

定期的にくる陣痛は多少痛むのですが、
ほんとに多少でした。
 
そして、診察してもらったところ、
頑張ったおかげでお産できる子宮口サイズに!!
 
あとはゆっくりお母さんと会話をしながら、
お産を待ちました。
 
いよいよ、お産可能なところまできて、
立会い出産予定の旦那が荷物を取りに行ってから帰ってこない〓
連絡すると、あと30分はかかるとのこと。
 

「もういつでも出産できますが、
旦那さん来たら始めましょうか〓」
 
と、看護師さん。
 
お産を時間調整するよゆうがあるなんてと、
お母さんビックリしてました笑
 
 
きっかり30分後、
息切れした旦那登場笑
 
 
いよいよお産です…!!
 
 

つづく

×産後・入院4日目 出産までのまとめ①

更新が怠ってしまい、すいません

コメント、メッセージもありがとうございます
後日PCから返信させて頂きますm(__)m

今に至る経緯を書きます…


3/17(日) いつもの張りに合わせて腹痛が伴う。

しかも定期的なような? 陣痛アプリを利用し間隔を図ると10分おきくらいに張り+痛み
昼くらいまでは生理痛の痛めなやつくらい。

夕方~夜はかなり痛い生理痛くらい。
夜には5分おきくらいになってたかなぁ

色々調べて、前駆陣痛ってやつっぽいなぁって思って
次の日の朝にでも病院に電話してみようと思い就寝。

寝る直前まで痛かったけど普通に眠れた。



3/18(月) 旦那の目覚ましで朝5時に目覚める。

目覚めた時から腹痛。
生理痛の激痛くらい… 4分感覚で痛みに襲われる。

次第に生理痛以上の激痛で、突然 生暖かい何かが出る。

トイレに行くと、生理一日目くらいの出血!!

慌てて東京マザーズクリニックに電話

今から来てくださいとのこと。
タクシーを呼び、支度をするも、 4分おきに激痛→うずくまるを繰り返し、

やっとタクシーに乗り、タクシー内でも激痛に耐える

東京マザーズクリニックに着くと同時に 車椅子に乗せられ、
ベットに着く即着替え、点滴、スクリーニングが看護師さんの手で行われ、

いつもの院長先生による診察。 先生が仰った事は、

早産になりそうだという事。

東京マザーズクリニックでは未熟児の設備がなく、
早産には対応できないので今すぐに転院しなけらばならない事。

2週間でも持ちこたえればまた東京マザーズクリニックに戻って出産できる可能性があるという事



そして… 衝撃のオコトバ…



転院した場合、


無痛分娩は期待しないでください…


ギャ━━━━━Σヾ(;`ω)ノ━━━━━ !!!!



嘘でしょ!? なんのために今まで遠い病院に通って、


高い金額で検診受けて… え、嘘でしょ、え、まじ? てか痛い!死ぬ!!!


考える間もなく、 担架で運ばれ救急車で転院先の病院に移動
病院については後日詳しく。

なんかもう… 痛すぎて… 一変に色々なことがあって、
わけわかんなかったです。

この時3分おきに声が出ないほどの激痛がありました。 そして転院先の病院に到着。

一旦ここまで
また続き書きます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。