×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×生後3ヶ月14日 乳児湿疹その①

sissin.jpg
こんにちは!
今日はママ&赤サンの大敵、乳児湿疹について…!!


入院中から少し出ていた乳児湿疹が悪化しました


これまでの乳児湿疹の経緯と現状↓

生後2週間くらいからニキビのような赤いポツポツが出始める。
→看護師さんにはしっかり洗っていれば消えると言われる

ミルクがまだ上手く飲めない+顎につけたチューブとテープもあり、
顎を中心に荒れる。
※1 プロペトを塗りはじめる
sissin1.jpg

しばらくたっても改善せず、
薬を処方してもらう。
※2 ロコイドを塗り始める


ロコイドは少し強い薬と説明され、
次の日に病院へ行くと、肌荒れがすっかり綺麗に。

綺麗になりすぎて逆に心配になってロコイドについて調べる…。

ステロイドということ知り、悪化したときのみロコイド、
あとはプロペトを塗るという状態を続け、

退院時には完全に無くなるほどではなくとも、
気にならないほどに改善↓
sissin4.jpg

退院後、
日に日に湿疹が増える。
今までのニキビという感じよりも、
ほっぺ全体に赤みと乾燥と、ひどい時は液体も出てくる。
sissin5.jpg

そんな時はロコイドを塗って、次の日には落ち着く↓
sissin6.jpg

というのを2ヶ月繰り返し、

最近ロコイドを塗っても治りが悪いのと、
痒がるようになったこともあり、
近所の小児科を受診したところ、

「ステロイドをずっと使ってると、
それが効かなくなったときもっと強いステロイドを使わなければいけなくなる。
一旦ステロイドではない薬を3日間使って、悪化したらロコイド、
よくなったら非ステロイドというように少しずつステロイドを辞めていきましょう」


と先生。

プロペトと※3 スタデルム軟膏を混ぜた物を処方され、
その日からロコイドを辞め、スタデルム軟膏のみへ。

が…!

これがとんでもない自体に…▄█▀█●

ロコイドをやめ、スタデルム軟膏に変えた次の日から、

悪化悪化、とにかく悪化!!

顔全体が赤くなり、皮膚が厚く硬く、熱も持ち、
二重まぶたが腫れて一重まぶたに…


1日でこんなに↓


sissin2.jpg

そして一番辛かったのが…

とにかくひたすら掻きむしる!!
大泣き!!


泣いては掻き、その手を旦那が抑える…

もう、私は見てられなくて…

それでも旦那が寝てしまった後の授乳は私と二人きり。

授乳中にもひっかく、泣く、寝ない。

保冷剤を幹部に当ててあげたり、
顔をうちわであおいであげたり…

それでも痒い痒いとバタバタ暴れ、大泣き。

あまりにも可哀想でどうすることもできなくて私まで何度も泣いてしまいました…


旦那は掻いてるとこ見たら抑えてたけど、
腕を抑えられ、バタバタ暴れながら泣く赤サン…
とてもとても可哀想で私は掻かせてました

大人だって超痒いとこ、無理矢理抑えられたら相当イライラしませんか!?
痒くてかけないより、少しでも今が辛くないようにと…もちろん掻くのは悪化してしまう原因にはなるんですが…

とにかく胸が苦しくて苦しくて、

どうして私じゃなくてこの子なんだろう!!?
代わってあげられたらいいのに…!!!

と、未だかつてない母性本能が発動…
自分の母親もこんな気持ちだったのかなーなんて…。


ともかく、先生の言ってたように、
まずは3日間はスタデルム軟膏をとのことで、
ロコイドに何度も手を出そうとしましたがこんな3日間を過ごしました。

そして、その3日の間に評判の皮膚科の話をたまたま耳にしたので、
やっぱ専門家に診てもらったほうがいいよなぁと、3日目にそちらへ行くことに…

この後、皮膚科の先生に色々教わり、また別の治療を始め…

長くなってしまったので、ここで一旦終わりますm(__)m

続きはまた


文中の薬について

※1 プロペト…皮膚保護剤(白色ワセリン)薬というより保湿油
※2 ロコイド…ステロイドの塗り薬。ステロイドの中でも一番弱いランク
※3 スタデルム軟膏…非ステロイド系の消炎鎮痛剤
続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。