×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×生後4ヶ月7日 パンパースのオムツが…

omutu.jpg
我が家のオムツは、
病院でずっとメリーズ使用、けど他にも使ってみたくて
サンプルのムーニー使用、お知らせの線がわかりずらくてすぐ辞め、
パンパースはじめての肌へのいちばん新生児用に落ち着いてました。

いつも赤ちゃん本舗かネットでオムツ購入しているのですが…
先日始めて西松屋に行ってみると、
パンパースはじめての肌へのいちばんシリーズがなくって、
通常の方買ったんですよ。しまじろうが書いてあるやつ

そしたら、たまたま最近それがリニューアルして、
大きくなりました!って書いてあったんですけど…

小さめなところも含めてパンパースがいいなーって思って使ってたのに、
大きくなったもんだからかさばってる感が半端ない

いつものバウンサーに乗せると、
omutu2.jpg
もこもこおむつがもりもりはみ出てて笑

まぁ使えなくはないんだけど…

お腹まわりもだいぶ不格好で…笑

大きいぶんには後々使えるし、「はじめての~」方、買い直そうかなっ
こっちはおっきくなってないよね!?


ちなみに我が家はオムツ購入の際、4パック(2ケース)購入です!
新生児は少しずつ買ったほうがいいと思うんですが、
Sサイズはけっこう長く使えるので4パック(約4週間分くらいかなぁ?)買っておくのがオススメ

ネットで買うと、非売品のおまけがもらえるところが素敵
しまじろう大好きなので嬉しい特典

パンパースはじめての肌へのいちばん新生児用
我が家愛用中


通常版(ちょっとおっきめサイズになった方!)


ちなみに、

私の友人の子供9kgが我が家と同じサイズのオムツ使ってました…∑(°口°;)
完全にテープがお腹に食い込んでるので、小さいんじゃない!?と、会話した数日後、

友人「今までのSサイズはギリギリだったけど、
サイズが大きくなったおかげでまだSサイズでいける!」


とのことです…

個人的には…9kg超えてるなら断然Mサイズだと思うんだけど…笑
(むしろ、Lサイズは9kg~だぞ…!)

まぁ、頑張れば9kgの子でも履けなくはないみたいです…

Mサイズにすると同じ値段でもけっこう枚数が減っちゃうんですよねぇ。


この売られ方素敵…!!

SサイズとMサイズのセット!サイズで迷った時にイイネ!
Mサイズ使ってまだおっきいな~って思ったらSサイズを1パックだけ買い足してみるとか。



新生児とSサイズもあった!出産前の準備にいいかも!
小さめの赤ちゃんだったら、1パックだけ新生児用買い足すだけで済むし、
Sサイズは後々必ず使うしね☆





今日はすんなりお昼寝してくれたので久々にゆっくりブログ描けました
関連記事
スポンサーサイト

×生後4ヶ月1日 乳児湿疹その2

tuyatuya.jpg

前回(乳児湿疹①)の続きです

なんと、乳児湿疹がキレイになりました

\ジャーン/
15916.jpg

前回と比べると…

sissin2.jpg159162.jpg

一目瞭然、見違えるほどに…


皮膚科に行くと、とってもサバサバしたおじいちゃん先生。

今までの経緯を話すと…

「ステロイドがダメなんじゃなくって上手に使う事が大事。
こんな弱い薬をダラダラ塗ってても長引くだけで良くならない。
小児科の医者は何もわかっとらん…」と。

他にも…
「ステロイドの副作用なんて心配する必要全くなし。
昔は化粧品にステロイドが入っていた。
軟膏での副作用なんてほとんど認められていない。
大量に何ヶ月も使い続けない限り副作用の心配はまずない」

とのことでした。

そこで今回処方されたお薬は、

ベトノバールG軟膏…ステロイドの塗り薬。ステロイドの中でも強いランク
白色ワセリン…皮膚保護剤。薬というより保湿油。薬剤師曰く、プロペトとは作ってる会社が違うらしい。


まずはこれを3日間塗り、また見せに来てくださいとのことでした。


さて、さっそく初日から朝夜2回塗ったところ、
3日塗るまでもなく次の日にはかなりキレイに…!!

けれど、根本から湿疹を取り除くことが大事らしく、
3日間しっかり塗り続けました。

そして再び病院へ。

「どこに湿疹があったのかわからないね笑」と、おじいちゃん先生。

顔も体も腕も足もすっかりツルツル肌になった赤サン。

ただ、これで湿疹が完全に終わったというわけではなく、
この後は保湿+弱めのステロイドで治していきます。


処方されたのは前回の薬に加え、

クロベタゾンクロベタゾン酪酸エステル…ステロイドの塗り薬。ステロイドの中でも弱いランク

私の行った皮膚科で受けた治し方の説明は、

悪化した湿疹→強いステロイドでまずはしっかり治す。

そしてあとは、

保湿のみ塗る→湿疹が出始める→すぐに弱いステロイドで治す→保湿…の繰り返しだそうです。
この前のようにひどくなったらすぐに来院してとのことでした
とにかく、悪化する前に抑える事が重要みたいです!

ちなみに、

また発疹した時は、顔には弱いステロイド(クロベタゾンクロベタゾン酪酸エステル)で、
体にはベトノバールG軟膏を使用するようにと処方されました。


1日保湿のみにしたところ次の日にはまた発疹してしまい、
現在は弱いステロイドで対処→保湿の繰り返しという状態です。


引き続きステロイドを使用している状態ではあるのですが、
何よりも赤サンの苦しみから開放させてあげられた事だけで気持ちがとてもラクになりました。

ステロイド系には賛否両論ですが…
私にはステロイドを使った治療法が気持ち的に合っていました。

かなりヒドイ湿疹で、お宮参りやお食い初めの写真も撮りに行けないほどひどく荒れ、
母子共に夜も眠れない日々を過ごしている友人がいるのですが、
ステロイドは頑なに拒否しているので、今も非ステロイドの薬を塗っています。
肘や膝の内側がただれ、洋服も貼り付いてしまうほどで、いたたまれなくなってしまいました…

けれど、ステロイドを使うか、非ステロイドを使うかは親次第なので…
気になる方は色々と調べてみたり、お医者様へ相談するのがいいと思います。


あ、あとこれだけははっきり言えます!

小児科へ行くより皮膚科に行くべしです!!!!

現在、総合病院+小児科で発達外来、予防接種などでお世話になっているのですが、
共に皮膚科に行っている話をすると、皮膚に関しては皮膚科医の指示に従ってくださいと言われました!

やっぱり専門家に診てもらうのが一番ですよ


そして今回一番学んだ事。

薬の塗り方。

人差し指先から第一関節ぶん薬を出す。
その量を手のひらサイズで使用する。


これ、かなりの量を塗ることになるんですよね。
今までロコイドとかチビチビ塗ってたので、
間違った使い方をしていたのだなと始めて知りました。

それだとすぐにキレイにすることができないらしく、
その場で塗り方も指導してくれました。

ワセリンはたっぷりしっかり塗りこんだあと、
キッチンペーパーで拭き取ってたんです!
しっかり塗り込めば、表面のテカテカは拭きとってもいいそうですよー!

全然知らなかったよーっ

薬ひとつとっても、
ただ塗るだけじゃあダメなんですねぇ

勉強になりました!
関連記事

×生後4ヶ月 Twitter始めました!

twitter.jpg
ブログをなかなか更新できないのでmoblog_d5a5ecf5.gif

お手軽にできるツイッター始めてみました
https://twitter.com/tjaka3

時間のある時にブログ、
日々のささやき、速報(!)、愚痴(笑)などをツイッターへ気ままにささやこうと思います♪

Twitterやっている方は暇つぶしにでも眺めてくださいmoblog_9a479fb0.gif

https://twitter.com/tjaka3
関連記事

×生後3ヶ月14日 乳児湿疹その①

sissin.jpg
こんにちは!
今日はママ&赤サンの大敵、乳児湿疹について…!!


入院中から少し出ていた乳児湿疹が悪化しました


これまでの乳児湿疹の経緯と現状↓

生後2週間くらいからニキビのような赤いポツポツが出始める。
→看護師さんにはしっかり洗っていれば消えると言われる

ミルクがまだ上手く飲めない+顎につけたチューブとテープもあり、
顎を中心に荒れる。
※1 プロペトを塗りはじめる
sissin1.jpg

しばらくたっても改善せず、
薬を処方してもらう。
※2 ロコイドを塗り始める


ロコイドは少し強い薬と説明され、
次の日に病院へ行くと、肌荒れがすっかり綺麗に。

綺麗になりすぎて逆に心配になってロコイドについて調べる…。

ステロイドということ知り、悪化したときのみロコイド、
あとはプロペトを塗るという状態を続け、

退院時には完全に無くなるほどではなくとも、
気にならないほどに改善↓
sissin4.jpg

退院後、
日に日に湿疹が増える。
今までのニキビという感じよりも、
ほっぺ全体に赤みと乾燥と、ひどい時は液体も出てくる。
sissin5.jpg

そんな時はロコイドを塗って、次の日には落ち着く↓
sissin6.jpg

というのを2ヶ月繰り返し、

最近ロコイドを塗っても治りが悪いのと、
痒がるようになったこともあり、
近所の小児科を受診したところ、

「ステロイドをずっと使ってると、
それが効かなくなったときもっと強いステロイドを使わなければいけなくなる。
一旦ステロイドではない薬を3日間使って、悪化したらロコイド、
よくなったら非ステロイドというように少しずつステロイドを辞めていきましょう」


と先生。

プロペトと※3 スタデルム軟膏を混ぜた物を処方され、
その日からロコイドを辞め、スタデルム軟膏のみへ。

が…!

これがとんでもない自体に…▄█▀█●

ロコイドをやめ、スタデルム軟膏に変えた次の日から、

悪化悪化、とにかく悪化!!

顔全体が赤くなり、皮膚が厚く硬く、熱も持ち、
二重まぶたが腫れて一重まぶたに…


1日でこんなに↓


sissin2.jpg

そして一番辛かったのが…

とにかくひたすら掻きむしる!!
大泣き!!


泣いては掻き、その手を旦那が抑える…

もう、私は見てられなくて…

それでも旦那が寝てしまった後の授乳は私と二人きり。

授乳中にもひっかく、泣く、寝ない。

保冷剤を幹部に当ててあげたり、
顔をうちわであおいであげたり…

それでも痒い痒いとバタバタ暴れ、大泣き。

あまりにも可哀想でどうすることもできなくて私まで何度も泣いてしまいました…


旦那は掻いてるとこ見たら抑えてたけど、
腕を抑えられ、バタバタ暴れながら泣く赤サン…
とてもとても可哀想で私は掻かせてました

大人だって超痒いとこ、無理矢理抑えられたら相当イライラしませんか!?
痒くてかけないより、少しでも今が辛くないようにと…もちろん掻くのは悪化してしまう原因にはなるんですが…

とにかく胸が苦しくて苦しくて、

どうして私じゃなくてこの子なんだろう!!?
代わってあげられたらいいのに…!!!

と、未だかつてない母性本能が発動…
自分の母親もこんな気持ちだったのかなーなんて…。


ともかく、先生の言ってたように、
まずは3日間はスタデルム軟膏をとのことで、
ロコイドに何度も手を出そうとしましたがこんな3日間を過ごしました。

そして、その3日の間に評判の皮膚科の話をたまたま耳にしたので、
やっぱ専門家に診てもらったほうがいいよなぁと、3日目にそちらへ行くことに…

この後、皮膚科の先生に色々教わり、また別の治療を始め…

長くなってしまったので、ここで一旦終わりますm(__)m

続きはまた


文中の薬について

※1 プロペト…皮膚保護剤(白色ワセリン)薬というより保湿油
※2 ロコイド…ステロイドの塗り薬。ステロイドの中でも一番弱いランク
※3 スタデルム軟膏…非ステロイド系の消炎鎮痛剤
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。